キャッシングのリボ払いは損?

キャッシングの返済方法には様々な方法がありますが、リボ払いを選択している人もたくさんいます。 これは毎月決まった金額を返済する方法なので、多く使ってしまった月があっても返済額が大幅に高くなるようなことがありません。

毎月最低いくら支払えばいいのかというのは各キャッシング業者によって違うものの、多くの業者では最低金額を3千円以上に設定しています。

もちろん、金額を高く設定すればそれだけ完済までの道のりが短くなるわけなので、可能な範囲で高めに設定しておいたほうがいいでしょう。

毎月決まった金額を返済するということもあり、返済額がわかりやすいというのもリボ払いの魅力です。

ただ、そんな便利なリボ払いではありますがデメリットもあります。 まず、手数料が高いということ。

分割ローンは金利が安く設定さているのに対し、リボ払いは15~18%というのが一般的です。 金利が高いということは総合的な返済額が大きくなるということでもあるので、安易にリボ払いを選択するのはおすすめできません。

また、一括払いよりも使い込みが発生しやすいというのもデメリットです。 多少使いすぎたとしても毎月の返済額は変わらないので、お金を使いすぎたことに気付けない人もいます。

この状態が悪化してしまうと自分でも知らない間に借金が膨れ上がり、最終的には自己破産などの債務整理を選択しなれば収拾がつかなくなってしまう人もいるのです。

リボ払いは確かにとても便利な返済方法ではありますが、使い方を間違えるとこのような危険性があるということも理解しておきましょう。

お金がない時はリボ払いで返済をして、余裕がある時は繰上返済をするというように上手にキャッシングと付き合ってみてはどうでしょうか。

繰上返済の方法は利用しているキャッシング業者によって違うものの、銀行やコンビニのATMから手軽に返済できるところも増えてきました。

ボーナスが入った月などはできるだけまとめて返済できるように調整してみるといいですね。

このページの先頭へ