キャッシングとはなに?

そもそもキャッシングとは何なのかよく分からないという方もいるかもしれません。 これは、金融機関が個人に対して行っている小口の融資のことで、主にATMから借り入れができます。

ただ、キャッシング以外にも、ローンやキャッシングローンという言葉もあり、これらの違いがよく分からないという方も多いでしょう。 これらはすべて同じ意味で使われることも多く、厳密な定義があるわけではありません。

消費者金融だけでなく、銀行やクレジット会社などの金融機関が行う融資をキャッシングと呼ぶこともあります。

キャッシングをした際には返済をする必要があるわけですが、1万円を借りたら1万円を返済すれば良いというわけではありません。 というのも、借り入れた元金に対して返済日までの金利が加わるからです。

そのため、返済する際には1万円に金利を加えた金額を返済する形になります。 借り入れの金額が大きい場合、一般的には何ヶ月かに分割して返済をする契約をする形になるでしょう。

契約をする際に分割での返済にしてもらったけれど、一括返済を求められてしまったらどうしよう…と不安に感じている方もいるかもしれません。

ですが、分割の返済をしている方の場合、最初の取り決め通りにしっかり返済を行っていれば、突然一括返済を求められてしまうようなことはないので安心です。

これは、「期限の利益」というものによって保証されていることなので、心配する必要はありません。 ただ、期限の利益が適用されるのは、あくまで滞りなく返済期日までにしっかり返済を行っていた場合の話であるため、とにかく遅れないように注意していくことが重要です。

もちろん、どの業者でも数日のみ返済が遅れてしまっただけで、突然一括返済を求められるようなことはほとんどありません。 どうしても返済の間に合わない場合には、事前に電話で相談をするなどして対策を取っていきましょう。

返済日にお金が用意できない時に、何の連絡もしないで滞納してしまうというのが一番評価が良くありません。 こういったことにならないように注意しましょう。

このページの先頭へ